校長挨拶
  本校は、行橋市の西部に位置しています。
 「中京」という校名は、京都平野の中心に位置し、「他の新制中学校の模範となるような学校に」という願いから名付けられたと言われています。
 校区内には、儒学者村上仏山先生が開いた私塾「水栽園」跡があり、塾生の中から校区出身で逓信大臣も務め、日本で初めて「源氏物語」を英訳した末松謙澄先生や多くの学者や政治家が輩出されています。
 また、御所ヶ谷古代城跡「神籠石」、前田古墳群、室町旗城跡「馬ヶ岳」など、歴史的・文化的遺産の多く残る地域です。校内には仏山先生の教学碑、歌人竹下しづの女の句碑があります。
 このような地域に生活している生徒は、大変素朴で何事にも素直に取り組み、学校も全体的に落ち着いています。
 しかしながら、生きる力の育成は、学校教育の使命であり、特に学力向上は大きな課題となっています。
 そこで、本校の教育目標を「志をもって努力し、自律心と知力を身につけ、思いやりの心をもったたくましい生徒の育成」とし、「自己指導能力」と「やる気サイクル」の育成を土台として、「明るく、楽しい、元気な学校」づくりを進めてまいります。


                            行橋市立中京中学校
                              校長 魚住 篤